FAN LOG JACK 〜ALMOSTBLACK 18SS〜

LOGJACKです。

 

昨日は雪が降ったりと

異常気象ですが、

 

暖かくなってきたところで

本日はおさらいです。

 

今日は我々FANがオープン時より

本当に仲間のようなコミニティーを作らせてもらってきた

『ALMOSTBLACK』というブランドについて

 

ALMOSTBLACKチームのすごいところは

そのクリエイションにあります。

語るまでもなく世界でその名を轟かすraf simons

そのraf simonsで経験を積んだデザイナーのクリエイションは

日本のイズムを世界に発信し

昨日は過去、と言う言葉が実に腑に落ちる、

そんな写真やプロダクツに毎シーズン驚かされます。

ボタン一つ、糸の色や幅、

細部へのこだわりを非常に持っています。

あとは一見奇抜に見える洋服のシルエットの洋服は

圧倒的経験値から導き出した統計学

まさに科学的に理論的に行われた作品であり

誰も着れないようで誰でも着れるものになっています。

真似して出来ることなんじゃない。

マジで。

 

そして先に話を進めるために

話は戻りraf simonsへ、、、

 

raf simonsのすごいところは

個人的な見解ですが

いつまでも少年の危うさというか

輝きというか

そういうものを毎シーズンパッケージして

世界にデリバリーしているところでしょうか。

本当にすごいなーと思います。

その血脈は脈々とALMOSTBLACKにも

引き継がれています。

ALMOSTチームにはそういうことじゃないとか言われかねないですが、笑

 

僕はそう思います。

『危うさ』って出すの大変なんですよ

大人になっていってしまうとね。

 

若い人が始めて間もないブランドにもある種『危うさ』という魅力があって

それが非常に響いたりするんですけど

 

大人が計算して『危うさ』を演出すると響くっつーよりかは、、、

 

染みるんです。

 

笑っちゃう。

手放しで見てられるから、

本当にかっこいいです。

ブランドという旗を掲げ

ものを作り売るのだから

クリエイションというか

やりたいこととか、簡単にいうと自分の純度みたいなもの、っていうんですかね、

それのさじ加減が非常になんとも言えず難しいのですが

ALMOSTBLACKはその純度が著しく高い。

それで認められているのだから

生半可なことじゃない。

 

ロミオ&ジュリエットとかタイタニックとかの時の

ディカプリオには『危うさ』があったじゃないですか

それがよかったじゃないすか

 

でもそのディカプリオも今じゃ立派な大人で渋みがある。

それもいい。

 

けど『危うさ』ってのは非常に輝ける魅力なんです。

それを感じさせるALMOSTBLACKは

やっぱりすごいブランドだなーと

 

ここからさらに広がりますよ

ALMOSTBLACKはそういうチームでありブランドです。

 

さて

やっとALMOSTBLACKの春夏が

本格的にちょうどいいシーズンを迎えます。

 

FANのオススメはこちら。

 

 

f:id:hynm_mori:20171219125553j:plain

COAT  ¥130,000 with out tax

T Shirt ¥26,000 with out tax

PNTS  ¥38,000 with out tax

 

ステンカラーコートタイプのこのコート

fanharajuku.thebase.in (詳細ページ)

 

ジャージ素材のような化繊で織り成されたありそうでなかった素材のコート

実用的な面をいえば非常にシワになりにくい素材。

 

f:id:hynm_mori:20171219125742j:plain

アームに二箇所施されたジップ

短い方だけ開ければ袖先だけをふわっとしてくれて

全部開ければ

f:id:hynm_mori:20171219125832j:plain

ルックスは様変わりする。

f:id:hynm_mori:20171219130009j:plain

もちろんディテールも素晴らしい。

比翼に隠れるボタンや襟など

クラシックなデザインを踏襲しつつぶっ壊してます。

 

f:id:hynm_mori:20171219130749j:plain

f:id:hynm_mori:20171219130804j:plain

f:id:hynm_mori:20171219130816j:plain

スラックスも非常にシルエットの良いパンツ

(残りわずかのため現在店頭のみでの販売)

ジップが施されている位置が非常に秀逸で

今までにないテーパード感が味わえます。

f:id:hynm_mori:20171219130831j:plain

2タックなので太ももちょい上まではゆったりとしてるんですが

突然細くなります。

はっきり言ってウエストサイズさえ合えば

似合わない人はいないんじゃないかな、

それくらい美しいシルエットです。

 

ジップを開けば

 

f:id:hynm_mori:20171219130925j:plain

f:id:hynm_mori:20171219130930j:plain

f:id:hynm_mori:20171219130936j:plain

f:id:hynm_mori:20171219130951j:plain

シルエットは変わり

違うスラックスへと変貌を遂げます。

ジップもアクセントに、

 

f:id:hynm_mori:20171219135904j:plain

インナーは着用黒ですが、白との二色展開

fanharajuku.thebase.in

こいつはスウェットとTシャツの間のような素材感

少し地厚なTシャツというようなイメージですね。

f:id:hynm_mori:20171219135932j:plain

今期のテーマである[PLASTIC]を引き伸ばし

言葉ということではなく

もはやこれは絵、そんな解釈がプリントされた一枚。

こちらも袖にジッパーが付属し

シルエットが変えられる作り担っています。

 

どれをとっても、どこをとっても

妥協のない

作り手の人となりが見える逸品です。

 

是非春本番、ALMOSTBLACKのSpring/Summer 2018に身を包んでください。

手に取り、そして自分の肌や目で

確かめてください。

 

f:id:hynm_mori:20171219141006j:plain

ちなみに最初に書いたステンカラー

タータンチェックの同型もあります。

fanharajuku.thebase.in

是非。

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00