FAN LOG JACK ~THE NORTH FACE 90's~

LOGJACKです。

 

前回のBlog

に非常に多くの反響を頂き誠にありがとうございます。

 

 やはりノースフェイス全盛期。

まるで僕が青春を過ごした90年代後半、いやそれ以上であるのを感じます。

 

FANのVINTAGE祭りはまだまだ続きます。

f:id:hynm_mori:20180110154243j:plain

追っかけで入荷したこちらも非常にレアな90年代デッドストック。

その名を

「WorkHorse Jacket」

ワークホースってなんじゃい、

 

ってなるじゃないすか?

そのまんまです。

 

馬車馬のように働く、なんて言いますが

まさにそのような意味で

すごくうまい言い方をすると「働き者」というようなところが

日本語らしい翻訳でしょう。

 

三層構造になったこのジャケットは

 

f:id:hynm_mori:20180110154256j:plain

"Supllex"という密度の高いコットンクロスに見える地厚なナイロン生地に

さらに"HydroSeal"というコーティングを上から施し

ライナーに"ThermaStat"という発汗性・保温性の高い生地を備えています。

 

超簡単に言います。

 

雨防ぎ、汗はすぐに乾かし自分が出した熱は溜めてそのアウトシェルからは

想像できないほどに暖かく着れるシェルジャケット、ということです。

 

今のノースフェイスだと7〜8万くらいする価格帯のシェルジャケ上位機種です。

 

現行のノースフェイス商品だとこの価格帯くらいの上位機種になると

ルックスがすごくハイテクな見た目になってしまうんですよね。

f:id:hynm_mori:20180110154338j:plain

ただ今回のワークホースジャケットは2トーンのTHE 90'sなスタイル。

今来たいのはこんなジャケットなんですよね。

 

痒いところに手が届いている、と言って良いと思います。

 

f:id:hynm_mori:20180110154326j:plain

この前のsacai x TNFのあのフィッシュテイルノースフェイスは僕はもっとさらに評価されて良いアイテムだと思います。後々も含めて。

 

出たタイミングもそうだし、あのシルエットであの見た目ってノースフェイスだけではできないような素晴らしいアイテムでした。

本当に素晴らしいダブルネーム。

 

あのコートに近い感覚で着れる丈感の長めなのがこの

ワークホースジャケットでもあります。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20180110135735j:plain

もちろん普通にスウェットやニットの上に、も良いですが

アウターの上にさらにってのがFANスタイル、かな。僕的には。

 

f:id:hynm_mori:20180110135926j:plain

ほんの少しの野暮ったさが

綺麗なチェックや生地に素晴らしくフィット。

正面ロゴが胸じゃなく左袖ってのもスンゲーcoolだと思いません?

 

f:id:hynm_mori:20180110154339j:plain

ソリッドな見た目

 

f:id:hynm_mori:20180110135951j:plain

後ろ右肩部分に刺繍、、、

むちゃくちゃかっこいい。

 

f:id:hynm_mori:20180110154347j:plain

フードは収納型で襟にしまってしまうことも可能。

 

f:id:hynm_mori:20180110154447j:plain

先述のThermastatという生地はあのDUPONT社の製品。

肌触りは良いのに袖通しはすごくスムーズなので

ニットの上に羽織る際も引っかからずノンストレスで羽織れます。

 

f:id:hynm_mori:20180110154408j:plain

グリーンは99年春夏

ネイビーは98年秋冬ものの DEAD STOCK

 

f:id:hynm_mori:20180110141246j:plain

やはりNYC感のあるブランドであるノースフェイス

 

f:id:hynm_mori:20180110141319j:plain

このざらっとした生地感がそうさせるんでしょうね。

 

f:id:hynm_mori:20180110141112j:plain

THE NORTH FACE【Work Horse Jacket】DEAD STOCK

¥53,000 with out tax

 

90年代中頃から90年終わり頃までは

今と同じようにノースフェイスがものすごく売れていた時代なので

こういうハイスペックで定価の高かったであろう、

商品が多く開発・発売されています、

だから希少なアイテムの宝庫な時代。

 

その時その時に、

時代にあったものをアーカイブから取り出していく、

それが古着やVINTAGEの楽しみ方です。

 

ブームというか、そういう時代のど真ん中にあるブランドの

誰ともかぶらないものを着る、って

良いじゃないすか。

 

楽しみましょう。我々と一緒に。

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00