FAN LOG JACK ~HOOK-UPS~

さて、FAN LOG JACK

 

本日は明日7/1(土曜日)発売の

 

「HOOK-UPS」というブランドについて、

 

というか、ブランド、って言葉も僕はあまり使いたくないですね(笑)

 

僕らスケートをかじっているやつらに言わせれば、

 

HOOK-UPSは{カンパニー}というのが自然。

 

デッキ(いわゆるスケートボード本体)やウィール(車で言うタイヤ)などを

 

製造・販売をしている会社はスケートカンパニーというカテゴリーに入るんです、僕らにとって。

 

それはマイノリティーたちのイズム的なところなのだが

 

今日この場はしっかりとカンパニーというカテゴリーで説明をしていこうと思います。

 

さて、

 

HOOK-UPSというカンパニーのボスは

 

f:id:hynm_mori:20170630191851j:plain

Jeremy Klein(ジェルミ・クライン)”という

 

プロスケーターです。

 

この絵ヤバいでしょ?こんな人です。

 

この人との出会いは

 

90年代前半に一世を風靡することになるスケートカンパニー

 

「World Industries(ワールドインダストリーズ)」の80年代後半の

 

(ちなみにこのワールドインダストリーズというカンパニーがなければゴンズやジェイソン・ディル、それにガールというカンパニーも生まれてないので現代のこのスケートブームが無くなっていたと言っても過言ではない。けどこれはまた違う話だからここではさわりだけ、、、)

 

Rubbish Heapというタイトルのスケートビデオだったんですが、

 

正直一応観た、というような記憶でジェルミに注目もせず忘れていました。

 

けど、唯一記憶の片隅に残っていたのは

 

ファミコンの音楽のような3和音くらいのデジタルなBGMで

 

滑っているスケーターが映っていたこと。

 

それが僕の記憶の点であり、

 

今回FANでリサーチをしていた時に出会ったこのHOOK-UPSのボスが

 

「あの時のあいつか!!」と線になりました。

 

現代では日本のカルチャーとして「オタク」というものが市民権を得て

 

世界に発信され、しっかりとアートの分野でも認められていますよね、

 

ファッションでもそう

 

外国人が欲しがるVINTAGEのAKIRA Tしかり、

 

f:id:hynm_mori:20170630193035j:plain

記憶に新しい2年前のSUP X 前田俊夫など、

 

今やエッジ-なグラフィックとしてジャパニーズ・アニメーションは

世界のファッショ二スタ達にとって

 

共通言語となっています。

 

ただ、90年代に既にこんなことをしていたのがジェルミなんです。

 

f:id:hynm_mori:20170630193500j:plain

 

アンオフィシャルなマリオがシグネチャ

 

権利なんかお構いなしなアメリカらしいアイテム。

 

早くやったから偉いなんてこたない。

 

時代が追いついてこなかった為に認められなかったアーティストは腐るほどいるし

 

それはそれだから、別にいい訳にしか聞こえなかったりもするわけです。

 

だからワールドインダストリー、そしてバードハウスと渡り歩いて

 

こんなようなデザインのデッキを独立後に復刻して売り、

 

キャリア的には99年前後を境に、あまり表舞台で名前を聞かないスケーターとなったジェルミ・クライン、

 

だからFANが今セレクトしたいんです。

 

理由はいくらでもある、

 

「デザインやべーよ、文脈?それもあるよ、

 

てか、ジャパニーズ・カルチャーを世界へ、

 

そして「温故知新」というのも俺らのテーマなんだよ、」

 

です。

 

だから今度はここ日本において僕らがジェレミのカンパニーを

 

もう一度、フックアップしたいんです。

 

ね?名前もかかってくる(笑)

 

そんなジェルミ・クラインが送り出す

 

「HOOK-UPS

どうぞご覧ください。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170626132408j:plain

f:id:hynm_mori:20170626133058j:plain

 

 

f:id:hynm_mori:20170626133617j:plain

 

f:id:hynm_mori:20170626134035j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115056j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115230j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115339j:plain

 

 

 

 

 

「HOOK-UPS

明日、7/1(土)午後12時より

FANにて販売開始

 

 

 

是非。

 

 

 

 

 

それではFAN坂本でした。

 

あとは森ちゃんしくよろ。

 

ちなみにジェルミ本人に少し興味が沸いた人は

 

JEREMY KLEIN & NEARLY 20 YEARS OF HOOK-UPS SKATEBOARDS - Jenkem Magazine

このインタビューもおもろいです。ぜひ。

 

 

 

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア#102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00