FAN LOG JACK ~1940's USN dungaree trousers~

f:id:hynm_mori:20170615180903j:plain

FAN LOG JACK!!!!!!!!!!!

FAN坂本です。

 

今日の話は

 

1940年代です。

 

世界が大きく動いた年代

 

アメリカが本当の世界王者になった瞬間です。

 

現代社会の礎はこの年代で築かれたんです。

 

日本人にとって敵国であった当時のアメリカ

 

第二次世界大戦での敗戦によりアメリカのファッションが日本にどっと流れてきたんです。

 

上の画像は1940年代当時のアメリカ海軍の広告で

 

今日紹介するのはその画像の海兵が穿いているデニムなんです。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170615155558j:plain

70年以上経過して今ここ日本に存在するミリタリーウェアのひとつ。

 

当時はまだデニムがそこまで高価なファブリックではなかったようで

 

作業着から制服、実に様々なものに使われていました。

 

そして丈夫、

 

だから当時の海兵の作業着としても使われていたんですね。

 

年代も50年代までいくとアメリカ軍の兵士が着るウェアとして

 

デニムは使われなくなり70年代付近まで姿を消します。

 

なのでVINTAGEと捉えるデニムが使われているミリタリーアイテムは

 

1940年代まで遡らないと存在しないので大変希少です。

 

f:id:hynm_mori:20170615155808j:plain

特に今回入荷のこの「巻き」と呼ばれる

 

f:id:hynm_mori:20170615155716j:plain

フロントポケットがサイドシームの上を通り、

後ろまで見えるように覆うこの仕様のデニムパンツは

 

第二次世界大戦前半の仕様でさらに希少価値の高いアイテムになります。

 

f:id:hynm_mori:20170615155644j:plain

オリジナルボタンも簡素な仕様

 

f:id:hynm_mori:20170615155631j:plain

丈直しもされていないオリジナルレングス

 

f:id:hynm_mori:20170615155615j:plain

嘘の無い色落ち

 

デニムだけでなくほとんど全てのもに言えることなんですが

アメリカものは50年代までの物作りが非常に世界的に評価が高いんです。

 

我々の日本と同じく資本主義国家であるアメリカは

1950年代に高度経済成長が起きます。

 

戦争は勝てば官軍、とてつもない利益が勝者にはもたらされます。

 

だから例えばデニムのインディゴ染めをしていた職人、

その職人の息子は家を継がずに都会に夢を持って出て行くんです。

 

そうなると跡継ぎのいない自営の職人たちはその事業を自分の代で

終わらせることを余儀なくされるわけです。

 

40年代~50年代にされていた仕事は

アメリカ人のすることなので丁寧だったかどうかわかりません、

ただ明らかな「技」がそこには生きていた。

 

60年代に大量生産に入る衣料品、車産業、家具や革製品

人の手間が減り、どんどん機械は進化し

「技」は失われていったんでしょう。

 

どっかで聞いた話、、、

 

そうです、ここ日本でも20年前くらいから出てきた問題と同じですよね。

 

江戸風鈴西陣

そんな工芸や仕事の跡を継ぐ人がいなくなっている。

 

敗戦国である日本は40年くらい遅れでアメリカの後を追っているんです。

 

ドキュメンタリーなんかで一度はみんな耳にしたことのある話でしょ?

 

だからロマンがあるんですよ、このパンツにも。

当時のことを少しでも想う。

 

FANは温故知新というのもひとつテーマですからね。

 

VINTAGEはそれを教えてくれます。

f:id:hynm_mori:20170615184118j:plain

f:id:hynm_mori:20170615184130j:plain

f:id:hynm_mori:20170615184146j:plain

f:id:hynm_mori:20170615184234j:plain

想いを馳せちゃうなー

 

全て当時の着用画像。

 

このパンツは海兵が甲板の上でなにかの作業をする時に

日常的に穿かれていたパンツです。

 

よくもまー今目の前にあるわけですよ。

ガシガシ穿かれても破けずにこの場に存在しているんですからね。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170615152717j:plain

U.S.NAVY dungaree trousers

¥45800 with out TAX

 

是非店頭にて歴史ごと直に触れてください。

 

それではあとは、、、

 

森ちゃんしくよろ。。。

 

 

FAN

東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア 102

03-6447-4566

12:00~20:00