FAN LOG JACK ~GIGA DENIM JKT~

f:id:hynm_mori:20170503122403j:plain

LOG JAAAAAAAAAAAAAAAAAACK!!

 

Vol.2

 

FAN 坂本です。

 

本日はこの「now」のデニムジャケット、

 

本日入荷です。

 

良い悪いとか、そういうことのは先ずはさておいて

 

このデニムジャケットは製作者の

「こだわり」、、、というか「こだわり」なんて言葉で表現してしまうのは

ちょっと淡泊過ぎる、

古着業界に身を置いていた僕にはこのジャケットから

製作者の記憶に想いを馳せてしまう。

f:id:hynm_mori:20170503153337j:plain

例えばUFOリベットなんてダサ愛らしい呼称で呼ばれたリベットや

 

f:id:hynm_mori:20170503153352j:plain

LEVI'Sよろしくな正面プリーツを留めるステッチの形と糸の太さ

 

ファッションを楽しみ、

その過程で色々なブランドを着て

そしてVINTAGEの洋服にまで手を伸ばした。

 

そんな青春を過ごしたんではないのか?

このジャケットを見ているとそんな想像してしまいます。

 

そして

逆に言えば現代はそのようなオマージュがちりばめられた

既製品は世の中に珍しくはない、ですが、、、

すっと受け止められるものはなかなか無いかと思います。

なんと言うんでしょうか、

シルエットとか色とか、そういうことではないんですよね。

なんというか

洋服を語るには酷く抽象的な言葉ですが

このジャケットには愛がある気がします。

もちろん引き算は必要です。

ただこのジャケットには圧倒的に足し算が多い。

f:id:hynm_mori:20170503122608j:plain

2枚剥ぎの背中と長く伸びたシンチバックのベルト

そして先述のディテール。

 

アイディアはそこらじゅうに転がっていますが

重要なのは

「分かっている」ということ。

少なくとも今目の前にあるこのジャケットからはそれを感じます。

 

そして本題

 

着た時にどうか

 

単純ですね。

f:id:hynm_mori:20170503124404j:plain

着るとわかるのはパターンの良さ

ビッグシルエットではあるのですが、

ストンと無理なく落ちる肩と絶妙な着丈

見ている印象より着てみると、

すんなりとハマる。

 

f:id:hynm_mori:20170503153834j:plain

実用性を考えたフラップに隠されたスナップボタン

 

f:id:hynm_mori:20170503122640j:plain

折り返してそこで留められるように入ったステッチと

袖をめくらない時の肌触りを考えられたのは折り返し部分のデニムのオンスが

軽いものを使っています。

 

このように実用的な仕様も施されています。

 

f:id:hynm_mori:20170503153404j:plain

f:id:hynm_mori:20170503153328j:plain

f:id:hynm_mori:20170503153456j:plain

そんでもってやっぱり目を引くのはこのシンチバックでしょう。

 

f:id:hynm_mori:20170503124517j:plain

ぎゅっと絞って着る。

 

不思議と、まったくうるさくない、

むしろ少し上品に見えるジャケットなんです。

 

これが

GIGA DENIM JKT」の全貌。

ちなみに

 

f:id:hynm_mori:20170503153712j:plain

色は2色

サイズは44と46、M~Lですね。

ともに

¥48000 JPY with out TAX

 

冒頭にもどりましょう。

 

良いか悪いかは多分着ればわかります。

 

店頭でお待ちしております。

 

FAN

150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

 

 

 

それでは森ちゃんしくよろ。

FAN 坂本