読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【月末は】テスト前の高校生はふいに机の上の掃除を始める【領収書の整理で気が滅入る】

月末って請求書やら、領収書の整理で気が滅入ります。

「どんだけ領収書あんねん!」
「あそこの企業さん、締め支払いどんなやったっけ」

そうそう。ついつい机に座りながらエセ関西弁の独り言をビートしながら、ヒートしてるわけです。

まあ、眠くならないようにテレビをつけて録画してたアニメを観ていたら無性にイラストが描きたくなり。


しかし描く紙がない。


ならばと領収書の整理に使っていたみ◯ほ銀行さんの封筒に描き描き…

「ん、なんかノッテきた」


ここで何故かホワイトベリーの夏祭りが頭の中で流れ出す。

(BGM)
き〜み〜が〜いた〜な〜つ〜は〜

と〜おい〜ゆ〜め〜の〜な〜か〜あ〜

そ〜ら〜に〜きえて〜えった〜

うちあ〜げ〜は〜な〜あ〜


び〜

ダダガンだダガンダダガンだだガン
ダダガンだダガンダダガンだだガン
……


昔、小学生だった森少年の夢は漫画家でした。
親に絵画教室に行かせて貰い、あくる日もあくる日もデッサン、デッサン。

高校生になり漫画家という夢ではなく、芸術家としての夢を見た森少年は高校で美術部に入るのでした。油彩の魅力に引き込まれた森少年はあくる日もあくる日も筆を握りました。

しかし、コンクールで出会った「才能」ある方々の絵画を目の当たりにした森少年は、現実を知りました。自分には違った道がある!そう確信した森少年は芸術家の道を諦め、楽器にのめり込み、バンド三昧になりました。

バンド王におれはなる\(^o^)/

そうした森少年は数年後に楽器も諦め、今に至る。
(ようはめちゃくちゃ飽き性ですw)





はい、そんなこんなで
鋼鉄城のカバネリのヒロイン・無名ちゃんの完成…


f:id:hynm_mori:20160602011705j:image

今までって落書きしても色つけたりしなかったんだけど、
f:id:hynm_mori:20160602011931j:image

色付けて描くのも楽しいですね。


20年は筆をとってなかったけど、小さい頃に描いてたイラストのスキルが多少は残ってるみたいで、やっぱなんでもやっとくものですね。



ってテスト前の高校生かよ(笑)


ってわけで森の月末は続いていくのであった。。

領収書が

いちま〜い、にま〜い……おしま〜い