【スタイリング】LUMINE MANさまのビジュアルのお仕事【渋谷】

1/29より渋谷駅の改札に私がスタイリングを担当した株式会社LUMINEさまのメンズ業態『LUMINE MAN』のイメージビジュアルが公開されました。
f:id:hynm_mori:20160203044837j:image

f:id:hynm_mori:20160203045243j:image

f:id:hynm_mori:20160203045257j:image

とにかく目立つように。
とにかく分かりやすく。

ビジュアル先行というよりはパッと
『渋谷にこういうところがあるんだ!』
と言うのが伝わるビジュアルを目指しました。

このお話を頂いた時に一番はじめに相談をしたのは私が常々一緒に面白いことをやっている雑誌『RECKLESS』の編集・松田くん。

RECKLESS
f:id:hynm_mori:20160203052629j:image
創刊したばかりの雑誌ですが、果敢に色々とチャレンジしてます。


そんな彼にディレクションを請け負ってもらいました。
私だけだとぶっ飛ばし過ぎる節があるので(笑)私にとって彼は本当に優秀なバランサーなんですよ。的確にクライアントの要望にあった仕事をしてくれました。本当にありがとう。


モデルは日本人だと決めていました。
斬新でカッコイイビジュアル!!というよりは、ファッションもモデルも買い物をする人たちにとってリアルを目指したくて。編集・松田くんも一つ返事でOKしてくれました。

そこで私が声をかけさせて頂いたのが、様々な雑誌やブランドなどで活躍するモデルの溝口健太くん。

f:id:hynm_mori:20160203052732j:image
彼の笑顔って凄い素敵なんです。


人間って凄く素敵なモノに出会った時、
『これヤバくない?』
『ヤバイね〜(笑)』
って、自然に笑みが漏れますよね。

私は自分が服を着る上で、会う人たちに自分の着こなしをツッコんで欲しい。

ヤバイの着てるね〜!(笑)
とか
それにそれ合わせる??(笑)
とか

そのツッコミに
『ヤバイでしょう〜?(笑)』
って自分も笑顔でドヤ顔したい。

そんな私の気持ちってきっとファッションやってる人たちなら誰しも持ってるはずなんですよね。

ファッションからは笑みがこぼれるもの。これって理想とかじゃなく、凄くリアルなんだと私は思ってます。

笑顔が欲しいが故に、モデルの溝口くんを撮影中に笑わせ過ぎて最終的に笑顔のカットしかなかったくらい(笑)すっごく欲しかった素敵な笑顔をくれました。ありがとう。

そんな明るい現場の雰囲気も伝わるといいですね。


さて、この制作に関して様々な方にお世話になりました。LUMINE関係者の方々、制作チーム、LUMINE MANのSHOPの方々、そして使用させて頂いたブランドの方々、ありがとうございました。

2月上旬より、TOWER RECORD渋谷店の隣にあるLUMINE MANの看板もこちらのビジュアルに変わります。

是非渋谷にお越しの際はLUMINE MANにお立ち寄り下さい。