読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【幌にも使われる】こんなローテク仕様のメッセンジャーはいかが?【屈強なキャンバス】

本日ご紹介するのはこんなバッグ

 

f:id:hynm_mori:20140728105210j:plain

 

TOPS・PANTS/ MARTIN MARGIELA  -DENIM SET UP-

T-SHIRTS/ COSPAアイマス双葉杏モデル)

HAT/ RALPH LAUREN

BOOTS/ RED WING 70's

EYEWEAR/ OLIVER PEOPLES

 

 

かなりローテクな見た目。その正体は幌(ホロ=雨風や砂を防ぐためにトラックの荷台などに使われる生地)なのです。防水加工を施したキャンバス生地ということもあり、強度もあってなおかつ通常のパラフィン加工よりも防水性能が高い。

f:id:hynm_mori:20140728105318j:plain

 

 

 

 

フロントにポイントとして採用されているこの肉厚なリベットはMSPCのオリジナルリベット。他社では絶対に味わえない屈強なリベットを実現させました。

(このアイテムの企画が某デニムブランド出身の為に、こういう細かいディテールにうるさいんですよwすばらっ!)

f:id:hynm_mori:20140728105327j:plain

もちろん、本体生地が防水処理が施されているということもあり、レザーもスコッチガードの防水レザーを採用。濡れても安心。

 

 

背面、衣類と擦れる部分にはこの生地を採用。

「CEBONNER」この生地の特性はコットンライクなナイロンということ。

f:id:hynm_mori:20140728105336j:plain

コットンライク・・・つまり、ナイロンでありながら自然素材のように風合いがある。そして、この素材は中空糸なので超軽量。

まぁ、いろいろとメリットはあるのだけど、一番のポイントは綿と比べて色移りがほとんどないこと。

背面に綿素材を採用すると移染が生じて、特に白物と合わせる場合は警戒をしなければいけないのだけれど、このCEBONNERを採用することによってそういった心配から解放される。

 

 

 

このモデルは正面にブランドロゴを配さない。

最近、マスターピースのブランドでこういうアイテムを増やしているのだけど

ブランドロゴに抵抗がある方たちも多いのでは?

 

そういう方でもマスターピースのバッグのモノづくりに共感してくれる人って実は多いんです。

f:id:hynm_mori:20140728105259j:plain

 

スターピースは自社工場をもっています。

それは日本の職人を守るために、始まりました。

 

昔ながらの工場や職人たちが居場所を得られるように、職を失わないように、

自社工場はいろんな工場と情報共有しながら、時には助け合って仕事をさせてもらっています。

 

中国生産やアジアでの生産が悪いということでは決してありません。

安いし、彼らにも彼らの生活がある。モノ作りも悪いわけではない。

 

 

 

だけどこのご時世でみんながみんな「右向け右」と、そういった生産をしていたら、日本で培われてきた技術やカバンの歴史が近い将来に終わってしまう。

 

 

私は入社してからすぐに自社工場で働かせてもらいました。1か月、大阪に住み込みで毎日のようにサンプルを縫わしてもらっていましたがとても有意義な日々でした。

 

そういった経験を生かして日本のモノ作りを守る手助けができればいいなと考えているんです。

 

 

 

20周年を迎えるマスターピースですが、昔使っていた方

改めて最近注目してくれている方々に

 

「変わらないモノづくり」

 

をいつまでも提案していけるように頑張ってまいります!