【デニムオンデニム】デニムの育ち方には差が出るもの【悲しいけど、現実なのよね】

最近、もっぱら着用を続けている

KAPITALのCENTURY DENIMのセットアップ。

 

家の近所にお店があったのでふらっとお店にお邪魔して買った上下です。

f:id:hynm_mori:20140725155516j:plain

 

f:id:hynm_mori:20140725155739j:plain

 

 

 

 

生地がとっても面白いんですよ。

墨染めしたデニムにインディゴの刺し子を施すことによって、

下のデニムが色落ちして変化すると同時進行でインディゴの刺し子の糸の色が下のデニムに移染して二つの色が徐々に混ざっていくというもの。

f:id:hynm_mori:20140725155531j:plain

日本好きな私にピッタリなデニムだな・・・と。

 

 

 

 

デニムっていうと、20代前半の頃にビンテージを買いあさっていた時代もありました。

給料1か月分でとことんいいものを買う、そんなコンセプトの時代が今では懐かしいのですが、その頃はそこそこいいビンテージを家にストックしていました。

 

そんな時、とある先輩からデニムの糊付けについて教わったんです。

 

 

 

「デニムに糊を塗るとアタリとかヒゲが綺麗に出るぞ!by 先輩」

 

 

 

ほうほう。

 

 

 

 

 

 

 

糊を買って帰った私は12万や15万、9万くらいのビンテージのノンウォッシュのデニムたちに糊を塗っていったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デニムの表にがっつりと糊を塗りましたよ!

そりゃもう、鬼神のように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、先輩の店を訪れて

「どうでしょう!!バッキバキでしょ!?これならヒゲも出ますね!!」

と自信満々に言うと・・・

 

 

 

 

「う・・・うん・・・あのさ、色変わってない・・・?」

 

 

 

 

「はい!」

 

 

 

 

 

「これさ・・・裏から塗った??」

 

 

 

 

 

「え?表から塗りましたけど・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「「え・・・」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでそんな失敗もあり、裏から糊付け。

f:id:hynm_mori:20140723212718j:plain

糊は洗濯糊を少し水で薄めて、しっかりと塗っていきますよ。

特にアタリが出やすい場所には入念に。

 

 

 

 

ともあれ、デニムのセットアップを着るとパンツの方だけ先に大人になってしまわれるのよね・・・ヒゲはとってもダンディなのだけれど・・・

ジャケットは年をとるのが遅いので結構なピーターパンシンドロームを発揮しちゃうんです。そのうち、二人は歳の差を感じて離れ離れに・・・(あまり色落ちの感じが違いすぎると別々に着ざるをえなくなりますよね・・・)

 

 

悲しいけどこれって現実なのよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに過去に失敗をしたからこそ

今回はきちんと裏から糊付けをしたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのビンテージのデニムたちがどうなったかだって??

 

そんなこと聞くなんて野暮ってもんだぜ・・・