FAN LOG JACK 〜MAHARISHI DROPin〜

LOGJACK

 

SUPREMEが生まれた1994年

同じくイングランドにも後のストリートに大きな

足跡を残すブランドが誕生しています。

 

そのブランドは名を

「Maharishi」といいます。

 

クリエイティブディレクターであり

創設者のHarby Blechmanは

アジアを放浪し、

古着バイヤーのようなものを生業にしながら

洋服の経験値を蓄えていきました。

 

それが1989年〜93年頃の話、

 

彼の父親はイギリスのアンティークディーラーであったことから

その人生は父親の影響を強く感じます。

 

珍しい切手とか、コイン、メダリオンやそれにポストカードなど

当時3歳だったHarbyにとっては物凄い衝撃だったようです。

 

まー3歳でそんなもんに興味を持ってしまうなんて

マニアックな才能を持って生まれたな〜とか思ってしまうんですが(笑)

 

Harbyは一昨年くらいのインタビューで言ってました、

その時のその想いや情熱が今のMaharishiのルーツだと。

 

そして1994年

Maharishiを設立。

 

裏原世代や、その生き残りたちには

懐かしい響きなんだと思います。

 

ブランドネームを聞いたことある人も多いはず

 

ただ、現在は

ほとんど日本国内で見かけることはありません。

だから若い世代にとってはほとんどの人が初見です。

 

Maharishiとはどのようにして作られるのか?

インスピレーションの起源はミリタリーにあります。

 

Harbyはさっき言ったインタビューでこんなことも言ってました、

 

軍服の進化は博士号を持つ教授の講義みたいなもんだと。

 

つまりこーゆーこと、

1900年代とは人類史上最大規模の戦いの舞台であったために

急速にテクノロジーが進化した、

そんで洋服にフォーカスを当てても

同じで、非常に洗練されエレガントになった、

みたいなことを言ってます。

 

僕はそれを聞いて本当にそうだなーと思いました。

昔は武力こそ崇高なものだった、

そして生まれた権力とは絶対なものだった。

軍服を着ている人間のほとんどは貴族出のエリートだし

生まれが庶民ならもうほとんどの出世の道はなかった、

その貴族出の軍人が着ているコートやシャツの襟は非常に

エレガントだと思うし

現在の洋服の定番と言われるようなアイテムも結構ルーツを辿ると

軍服を作ってたのが最初って多いですよね。

 

でも現代もそうで

ミリタリーって見本市なんですよ。

 

今は洋服のベースやシルエットは完成されているけど

今でいえば最新技術を使った素材で縫われたウェアは

まずミリタリーに運用され、そして

民間に落ちてきます。

 

だから非常に的を得ているなー

一言でよく言ったもんだ、と思いました。

 

Maharishiとは僕がこう長々と書き連ねたことを

強く感じさせるブランドです。

 

すげーなとか、なるほどな、とかそんなんじゃないんです。

 

Harbyは暖かい人間です。

イギリス人はファッションにおいて

フランスやイタリアにコンプレックスを抱いている部分ってあって

我々日本人と同じような目線を持っていたりすることもあるんだけど

 

Maharishiは違いました。

 

今ある多くのブランドはフォトブックですが

Maharishiはきっと活字なんです。

字がマジで活きてますし、さらに

その本の表紙や挿絵にも強く心を打たれるんです。

 

イギリスでMaharishiの人気はすごくて

イングランドストリートの先導者の一人です。

 

SUPREMEと同時期に歩み出し

PALACEより先にロンドンの街には彼らがもういました。

それが真価ではないでしょうか?

平べったく言いますね、

むちゃくちゃかっこいいブランド、

 

そんな

「Maharishi」がFANに入荷です。

ではどうぞ。

 

f:id:hynm_mori:20180309132836j:plain

 

f:id:hynm_mori:20180309132845j:plain

f:id:hynm_mori:20180309132907j:plain

 

f:id:hynm_mori:20180309132946j:plain

f:id:hynm_mori:20180309132957j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133022j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133218j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133349j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133411j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133449j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133510j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133545j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133659j:plain

f:id:hynm_mori:20180309133841j:plain

f:id:hynm_mori:20180309134246j:plain

f:id:hynm_mori:20180309134459j:plain

f:id:hynm_mori:20180309134731j:plain

f:id:hynm_mori:20180309134945j:plain

f:id:hynm_mori:20180312141744j:plain

f:id:hynm_mori:20180312141832j:plain

f:id:hynm_mori:20180312141717j:plain

f:id:hynm_mori:20180312141938j:plain

f:id:hynm_mori:20180312141944j:plain

f:id:hynm_mori:20180312142336j:plain

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00

FAN LOG JACK 〜NEW VINTAGE STUFF JUST ARRIVED〜

FANLOGJACK

 

本日

新しいVINTAGEアイテムが入荷いたしました。

 

f:id:hynm_mori:20180307172644j:plain

M-65 FISHTAIL PARKA DEADSTOCK

通称MODSパーカー

 

f:id:hynm_mori:20180307172841j:plain

50'S BIGMAC Cover-All

 

f:id:hynm_mori:20180307173017j:plain

CARHARTT ACTIVE PARKA Rare Color

 

f:id:hynm_mori:20180307173135j:plain

ARMY SNOW PARKA DYED

 

f:id:hynm_mori:20180307173245j:plain

BOY LONDON Long Sleeve TEE

 

f:id:hynm_mori:20180307173336j:plain

Brooks Brothers Patchwork B.D SHIRT

 

f:id:hynm_mori:20180307174404j:plain

今回のスペシャ

40's SKA SHIRT JKT

 

f:id:hynm_mori:20180307174437j:plain

着物生地のようなファブリックを使用し、

さらにブラックボディとなると

スカジャンは見つかってもスカシャツでは絶対に見つかりません。

 

f:id:hynm_mori:20180307174419j:plain

クールです。

 

f:id:hynm_mori:20180307174853j:plain

 ITALIAN NAVY MACKINTOSH COAT DEAD STOCK

50's〜60'sのイタリア海軍コート

ゴム引きのマッキントッシュタイプ、撥水性は完璧です。

 

f:id:hynm_mori:20180307175221j:plain

雨具繋がりで

USMC RIGHT WEIGHT GORE-TEX JKT

非常に希少なUSMC仕様の近代ミリタリー

このUSMCタイプだけはライトウエイトで他のARMYやNAVYなど違い

薄手のゴアテックスジャケット、この時期ぴったりです。

 

そして

今回入荷で、特に僕がオススメなのは

 

f:id:hynm_mori:20180307173456j:plain

f:id:hynm_mori:20180307173639j:plain

f:id:hynm_mori:20180307173822j:plain

スイングトップやワークのショート丈ジャケット

素材もコットン、ギャバ、ナイロンと種類揃ってます

どれも厳選し、非常に素晴らしいデザインです。

オススメ。

 

それ以外にも

 

f:id:hynm_mori:20180307174126j:plain

f:id:hynm_mori:20180307174300j:plain

f:id:hynm_mori:20180307174019j:plain

うちらしいレギュラーからヴィンテージ多数入荷しています。

是非みなさまこの土日はFANへご来店ください。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20180307171824j:plain

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00

FAN LOG JACK 〜dilemma POP UP STORE〜

LOGJACK

 

前回blog告知の

『YARDSALE』

も大好評。

 

たくさんのお客様のご来店誠にありがとうございました。

 

そして、

立て続けに我々はまた明日より

新たなイベントを開催いたします。

 

f:id:hynm_mori:20180303000335j:plain

明日より

新規取扱ブランドである"dilemma"の

POP UP STOREを執り行います。

 

”dilemma”とは

http://dilemma-jp.com/

”狭間にある美”をブランドコンセプトに、シーズン毎にテーマを設け、オリジナルのストーリーを展開する同ブランド。

18ssシーズンでは、「Are you ‘HUMAN’? or the ‘OTHER’?」をテーマとするストーリーを、フランス在住のアメリカ人アーティスト"sarah maxwell"のグラフィックによるコミックとして表現。

POP UP STOREの開催に合わせて、dilemma 18SSラインナップに加え、FAN別注アイテムを販売致します。
別注アイテムをご購入の方には、ノベルティとしてシーズンストーリーであるコミックをプレゼント致します。

f:id:hynm_mori:20180301140910j:plain

"sarah maxwell"のアートワークは非常にリキテンのようなアメリカイズムの中に

有機的な虚無を太陽の下に晒すような、そんな現代的なアート。

 

今回そのアートワークをFAN別注でスウェットパーカーに

落とし込みました。

 

上記のようにこちらをお買い上げ頂いた方には

 

f:id:hynm_mori:20180226195611j:plain

f:id:hynm_mori:20180226195650j:plain

こちらのコミックをノベルティとしてお渡しいたします。

 

ぜひ明日はみなさまのご来店をお待ちしております。

 

f:id:hynm_mori:20180227000100j:plain

時として周りの環境や常識、仕来りにより生まれてくる感情と、自発的に生まれてきた意志とが対極に存在することがある。
私たちは常に、このような意志と感情の間で揺れ動いている。
しかし、そんな狭間にある不安定な状態こそが最も美しいのではないだろうか。
「狭間にある美」をブランドコンセプトに、自らの世界観をニュートラルな視点で表現する。

f:id:hynm_mori:20180227002955j:plain

f:id:hynm_mori:20180301140139j:plain

f:id:hynm_mori:20180226195903j:plain

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00

Story of 2018SS

It is the year 2045.
A girl living with an AI questions herself about her existence.
"If humans were to lose their self-awareness, then what would differentiate us from programmed AIs?",
she murmured to herself while staring at a lily flower.

AIと生活を共にする少女は徐々に「自分とは何か」という疑問を抱き始めていた。
「自分の意志なくして生きることは、プログラミングされたAIとは何ら変わらないのではないか」と。
そんな心の葛藤を、一輪の花を介して自分自身に問いかける。

時として周りの環境や常識、仕来りにより生まれてくる感情と、自発的に生まれてきた意志とが対極に存在することがある。
私たちは常に、このような意志と感情の間で揺れ動いている。
しかし、そんな狭間にある不安定な状態こそが最も美しいのではないだろうか。
「狭間にある美」をブランドコンセプトに、自らの世界観をニュートラルな視点で表現する。

Story of 2018SS

It is the year 2045.
A girl living with an AI questions herself about her existence.
"If humans were to lose their self-awareness, then what would differentiate us from programmed AIs?",
she murmured to herself while staring at a lily flower.

AIと生活を共にする少女は徐々に「自分とは何か」という疑問を抱き始めていた。
「自分の意志なくして生きることは、プログラミングされたAIとは何ら変わらないのではないか」と。
そんな心の葛藤を、一輪の花を介して自分自身に問いかける。

時として周りの環境や常識、仕来りにより生まれてくる感情と、自発的に生まれてきた意志とが対極に存在することがある。
私たちは常に、このような意志と感情の間で揺れ動いている。
しかし、そんな狭間にある不安定な状態こそが最も美しいのではないだろうか。
「狭間にある美」をブランドコンセプトに、自らの世界観をニュートラルな視点で表現する。

FAN LOG JACK 〜All At Onceness〜

LOG JACK

 

FANはじめです。

 

2月も間も無く終わりを迎え

春へと季節は歩み始めています。

 

ま、

なんつーか、

 

何が言いたいかっつーとですね、

 

洋服なんか今買おうとするとですね、

冬物は一瞬しか着れないし

春物はまださみー

 

毎年訪れるこの時期

今年も例によって例のごとく

みなさんそんな感情を抱いていることでしょう。

 

イケイケな俺たちはこんなイベントたちを企てました。

 

今日はそんなBLOGです。

 

 

 

 

f:id:hynm_mori:20180222180517j:plain

「YARD SALE」

明日より二日間

2/24,2/25に開催します。

 

YARD SALEはあまりここ日本においては聞き馴染みのない言葉かと思います。

では少し説明のため、場所をアメリカに移しましょう。

 

アメリカでは日本の何百倍もの数のフリーマーケットが毎日のように開催されています。

僕自身もアメリカ買い付けの際に本当に数多くのフリーマーケットを目にし

そして多くの人たちに出会いました。

 

ここで問題

"フリーマーケット"って英語で書けますか?

 

渡米経験のない方のほとんどはカタカナで最初にこの言葉で触れることの多いので

我々日本人はこう間違うことが多いです。(私の経験上)

 

"FREE MARKET"

みんなが自由にものを持ち寄り、

休みの日に代々木公園で不要になったものを売る。

 

そんな感じかな、

 

フリーマーケットの正しいスペルはこれです。

 

"FLEA MARKET"

意味は蚤の市。

もちろん日本のようにいろいろな団体が開催し、

参加者にブースを貸すのですが

アメリカの大都市では素人とプロが半々くらいで参加します。

要は店舗を持っていないその道のプロたちなどが半分以上いたり

 

日本ではあまりいないですよね。

 

例えば

古着の買い付けで有名なFLEA MARKETは

ローズボールというカリフォルニアのパサデナで行われている

ものがあります。

 

そこの古着を売っている人たちのほとんどはプロです。

だからこそ買い付けにおいて非常に重要な市場になっていったんですよね。

プロだから買う値段は高いけど

いいものがたくさん売っています。

さすがプロの業者。

 

まーそんなのが「FLEA MARKET」です。

でも今回我々が催すのはYARD SALE

 

では"YARD SALE"ってなんやねん?

 

日本で町内会ってあるじゃないすか

あれって地域感の連体感を感じさせる団体で

小さな小さな行政機関。

それに近いと思うんですが

アメリカではそのブロック(区画のことで日本で言う丁目的なニュアンスで聞いてください)というより

その通りに面してる家と家に連体感があります。

 

そして休日に

その通りでYARD SALEと看板をおっ立てて

日本でいうフリーマーケットみたいなことをやるんです。

 

要らなくなったものを隣の家の人が買ったり

たまたま通りかかった人がそこで何かを買ったり

そこにはプロがいません。

だから値段が安いんですよね。

 

昔からのアメリカの暮らしでありスタイルです。

 

それを今回FANではやりたかった。

だから仕入れました。

 

普通に良いVINTAGEと

安い古着たちを。

 

f:id:hynm_mori:20180223172416j:plain

80'sのオールスターデッドが10000円

 

f:id:hynm_mori:20180223172312j:plain

50'sのブラックギャバジャケット

f:id:hynm_mori:20180223172728j:plain

ジャングルファティーグのデッドストックも10000円ポッキリ

f:id:hynm_mori:20180223172339j:plain

ノッてきた我々は現在店頭に出ているこの辺の古着やVINTAGEも付いている値段から半額。

f:id:hynm_mori:20180223172325j:plain

f:id:hynm_mori:20180223172436j:plain

50%OFFです。

f:id:hynm_mori:20180223172355j:plain

良い感じです。

 

新たに入れた良いやつシリーズも

f:id:hynm_mori:20180222195047j:plain

NORTH FACE

f:id:hynm_mori:20180222193638j:plain

f:id:hynm_mori:20180222193647j:plain

505 BIG Eとか

f:id:hynm_mori:20180222193954j:plain

50's SHIRT系も

他にもあれやこれやあります。

f:id:hynm_mori:20180222185606j:plain

f:id:hynm_mori:20180222193436j:plain

f:id:hynm_mori:20180222193525j:plain

f:id:hynm_mori:20180222193611j:plain

f:id:hynm_mori:20180222193805j:plain

f:id:hynm_mori:20180222194136j:plain

f:id:hynm_mori:20180222194922j:plain

他にも結構いっぱいあります。

例えば

f:id:hynm_mori:20180223205625j:plain

f:id:hynm_mori:20180223210207j:plain

f:id:hynm_mori:20180223212250j:plain

だいたいこの辺は2000円ポッキリから

6000円ポッキリ

 

安いです。

ノッてます我々、と言うかイッてますね僕ら。

 

 

そして今回のBLOGのタイトルである

〜ALL AT ONCENESS〜とは”同時多発”の意です。

 

そうです、今回仕掛けているのは

"YARD SALE"だけではありません。

もう一つのイベントは、、

f:id:hynm_mori:20180223232908j:plain

"sungrazie FAN 倶楽部"

日本は鯖江で作られるアイウェアブランドである

「VERYNERD」のポップアップストアも明日より同時に行います。

f:id:hynm_mori:20180223183107j:plain

こちらも明日より店頭へ投下。

このポップアップについてここでしっかりと書くと長くなるので

近々じっくり書きます。

 

まあまあという感じです。

 

とにかく考えました、

僕ら洋服屋もそうなんですよ実際。

今時期って、

何も買わないとか何を買って良いかわからないと言うわけじゃ全然ないんですけど

何を買っても今着れないというのと

ちょっとの期間しか着れないって気持ちは

僕ら洋服売りの連中にもそらあるんですよ。

 

だから考えて、今の時期に買い物が楽しくなるように

安いもの、良いもの

これだったら今買うテンションになるもの、

そして季節関係のないサングラスなど。

 

きっと楽しいですよ。

 

 

 

それが僕らの「YARD SALE /sungrazie FAN 倶楽部」です。

友達や彼氏・彼女

なんだったら親父やお袋と一緒にきてください。

お父さんお母さんと一緒に買い物?原宿?

恥ずかしい?

全然そんなことねぇよと僕は思います。

むしろ買ってもらえよと笑

FANのスタッフには親子で来てるよ〜あいつ〜

なんてやつは一人もいません。

良いやつですからみんな(なんだこれ笑)

 

 

 

それではみなさま明日より二日のYARD SALEそして

同時に始まる明日からのVERYNARDポップアップストアへの

ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00

 

FAN LOG JACK ~YASHIKI & SAYATOMO~

本日のLOG JACKは

 

 

FAN取り扱いブランドである”YASHIKI”

 

そしてそのパンツブランドである”SAYATOMO”について

 

 

OPENした時からお世話になり、取り扱いをしているブランドです。

 

まーなんというか

 

デザイナーの顔が浮かんでくる、

そんなブランドです。

 

今やブランドは2000年代前半のように乱立し

良いものも悪いものも

ローカルには山ほどあります。

 

でもどこか

 

無機質に感じるプロダクトが多い気がします。

 

そういう意味では"YASHIKI"は非常に有機的なブランドである気がします。

 

デザイナーさんのお名前はそのままで

”矢鋪”さんという方

現在も頻繁にお会いする機会があり、なんとも柔らかい印象を抱く人です。

 

その方が作るニット専門のブランド。

デイリーユースとはなんなのか?

言葉ではないんだと思います。

 

視覚から脳内に入り込み、

伝達のための電気信号よりも素早く

”日常的”であることを認識させるプロダクトに

毎シーズン驚かされます。

 

ちゃんといろいろと洋服を作れる人が

ニットだけに特化したブランドにした意味は

なんだったのか?

 

洗濯が家で容易に出来るニットや、ウールのアイテムなどは

既に水を通して出荷する。

 

優しさにも似た想いが詰まっています。

 

その”優しさ”のようなものが

製品のルックスにも表れ、そして僕たちの肌にも届きます。

 

今日はそんな"YASHIKI"から届いた春夏ものにフォーカスを当てます。

 

f:id:hynm_mori:20180124134809j:plain

BRAND: YASHIKI

ITEM: Samon Knit

COLOR: TERRA COTTA

(↑クリックで通販ページへ)

 

このカラーの名前のTERRA COTTAとは

イタリア語で「焼いた土」の意であり

懐かしいレンガのような色です。

 

ちなみにこのSamon KnitのTERRA COTTAカラーは

我々FANの別注カラーです。

 

この質感が何と言えず良い。

我々の身近でいうとポロシャツなどによく用いられる鹿の子編みで縫われたニット。

春夏は素肌に着ても気持ちがいいし、

今時期から着るなら浅いVネックになっているのでTシャツや

襟付きのシャツを着たら秋冬っぽくも着れる、

そんな一枚です。

 

f:id:hynm_mori:20180124134855j:plain

今期のYASHIKIのテーマというのが「千里浜」という石川県の浜辺なんですが、

日本国内で唯一国道が通っている砂浜で

僕も行ったことがあるのですがなんとも言えない光景が目の前に広がります。

デザイナー矢鋪さんもなにを隠そう石川県出身なので

このニット中央に編まれた柄は

千里浜を車で通った後の自動車の跡が表されており

見たことあるものにその光景を思い出させます。

 

f:id:hynm_mori:20180124212530j:plain

単純にデザインとしても

小細工なしに画になる素晴らしいニットです。

 

 

そして

 

 

f:id:hynm_mori:20140408171714j:plain

同色のカーディガンタイプも入荷しています。

f:id:hynm_mori:20140408171715j:plain

ネイビーも

ITEM: Shizuku Cardigan

 

 

 

 

それでは冒頭で触れたもうひとつのキーワード

"SAYATOMO"にも触れていきます。

 

デザイナー矢鋪さん

下のお名前をさやともさんといいます。

 

YASHIKIのパンツブランドだからSAYATOMOなんですね

 

理由も優しいでしょ?笑

なんというかヘルシーです。

 

このSAYATOMOがまたすげーいいんです。

 

f:id:hynm_mori:20180204131541j:plain

スラックスの質感であり、イージーパンツでもある。

サマーウールを使用しているので涼しく、品性まで感じさせる秀逸なパンツです。

 

f:id:hynm_mori:20180204131313j:plain

BRAND: SAYATOMO

ITEM: Karusan Slacks

 

太ももワタリは余裕をもち

膝から裾にかけ急激なテーパードのシルエット

 

はっきり言って似合わない人がいないシルエットです。

 

f:id:hynm_mori:20180203020434j:plain

カラーは着用画像グレーを含めてブラックと

f:id:hynm_mori:20180203020744j:plain

グリーン個人的にはグリーン最高です。

 

なかなか作れないんですよグリーンって

だってそりゃブラックやグレーが売れますからね笑

 

このグリーン非常に品のあるグリーン

是非店頭でお手にお取りください。

 

 

FAN WEB STORE

でもご覧になれます。

 

 

是非、おすすめです。

 

本日は"YASHIKI"

そして"SAYATOMO"のご紹介でした。

 

f:id:hynm_mori:20170806181519j:plain

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00



FAN LOG JACK ~Bargain Offer~

 

FAN &

FAN WEB STORE 

 

 

THIS IS BARGAIN OFFER!!!!!!

 

 

 

"now"

BASIC LINE and ARCHIVE Item 50% off!!!!

f:id:hynm_mori:20180117213833j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175120j:plain

PARALLEL SWEAT HOODY

& PARALLEL JERSEY HOODY

¥28,080→¥14,040

 

f:id:hynm_mori:20180117205726j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175154j:plain

GIGA DENIM PANTS

¥41,040→¥20,520

 

f:id:hynm_mori:20180117213246j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175144j:plain

DOM PANTS

¥35,640→¥17,820

 

 

"O-レイチョウルイラボ"

Autumn and Winter Item 30% OFF!!!!

f:id:hynm_mori:20171209130136j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175209j:plain

SLEEPY VEST

62,640→¥43,848

 

 

f:id:hynm_mori:20171031134525j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175217j:plain

FLEECE SWEAT P/O

¥24,840→¥17388

 

 

 

 

”YASHIKI”

Autumn and Winter Item 30% OFF!!!!

f:id:hynm_mori:20170923031630j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175342j:plain

UTSUROI MOHAIR KNIT

¥35,640→¥24,948

 

 

f:id:hynm_mori:20171101123502j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175904j:plain

WADACHI KNIT

¥34,560→¥24,192

 

 

 

 

"ALMOSTBLACK"

Autumn and Winter Item 30% OFF!!!!

f:id:hynm_mori:20170923025152j:plain

f:id:hynm_mori:20180123175305j:plain

SWEAT HOODY Collage and Wappen

¥45,360→¥31,752

 

f:id:hynm_mori:20171107131116j:plainf:id:hynm_mori:20180123175318j:plain

BLACK and Grey DENIM JACKET

¥73,440→¥51,408

 

 

そして目玉は

FAN SPECIAL ORDERは40% OFF

f:id:hynm_mori:20180123175334j:plain

FAN SPECIAL ORDER CRASH DENIM

¥43,200→¥25,920

 

 

 

 

などなどを筆頭に

まだまだ対象商品が載せきれぬほどあります。

秋冬最後のお買いものに、

そして春までいけるアイテムたちを

是非ご検討下さい。

 

 

FAN WEB STORE

も合わせて是非ご覧くださいませ。

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00

 

FAN LOG JACK 〜now POP UP STORE〜

「now」

POP UP STORE

 

f:id:hynm_mori:20180117203623j:plain

Showing

 

 

f:id:hynm_mori:20180117211013j:plain

unskilled 未熟

 

f:id:hynm_mori:20180117213246j:plain

uneven ムラ

 

f:id:hynm_mori:20180117210249j:plain

unequal 不平等

 

f:id:hynm_mori:20180117212151j:plain

unravel 解明

 

f:id:hynm_mori:20180117212050j:plain

unleash 解放

 

f:id:hynm_mori:20180117211302j:plain

unethical 非理論的

 

f:id:hynm_mori:20180117213134j:plain

uncertainty  不確実性

 

f:id:hynm_mori:20180117205726j:plain

unwavering  揺るがない

 

f:id:hynm_mori:20180117213833j:plain

unorthodox 異例

 

 

 

 

 

"now"

今期のアイテムを全てラインナップ、

POP UP開催につき

ベーシック・アーカイブ商品は値札から50%off

 

ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00