FAN LOG JACK ~NIKE AF ONE~

f:id:hynm_mori:20170714005622j:plain

FAN 坂本です。

SALE好評頂き、たくさんのお客様のご来店まことにありがとうございます。

 

f:id:hynm_mori:20170715154137j:plain

まだまだ

 

f:id:hynm_mori:20170715154205j:plain

あれや

f:id:hynm_mori:20170715154227j:plain

これや

 

f:id:hynm_mori:20170715154241j:plain

良いやつがSALEであなたをお待ちしております。

 

f:id:hynm_mori:20170715154256j:plain

f:id:hynm_mori:20170715154340j:plain

f:id:hynm_mori:20170715154416j:plain

f:id:hynm_mori:20170715154427j:plain

f:id:hynm_mori:20170715154444j:plain

f:id:hynm_mori:20170715154513j:plain

だーっと載せました。

20%~40%off

シューズ類もかなりお得です、是非。

 

さて、そのSALEアイテム中から一点おすすめを思いついたので、

 

今日はそいつについて少しお話をさせていただこうかと、、、

 

 

 

それはなんぞや、と

 

こいつです。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170715154652j:plain

 

NIKE AIR FORCE ONE 07'

10,000→¥8000 with out TAX

 

度重なるマイナーチェンジを経て、今は07’というモデルになった

エアフォース1なんですが、

 

f:id:hynm_mori:20170715154838j:plain

1982年にバスケットシューズとして初めて「AIR」を搭載し

登場したモデルです。

これがなければAIR JORDANも生み出されなかったはず。

 

とかまぁ、Wikiでもすぐ調べられそうなことはさておき、

 

何故僕がこのキックスをおすすめに選んだのか、というと

 

エアフォース1がどうして定番として成りえたかというところに話がいきます。

 

 

今年33歳を迎える僕自身も青春時代は

HIPHOPに傾倒し

そのファッションに身を包んでいました。

いちWanna beであった僕が憧れたアーティストたちは

邦楽・洋楽問わず

必ずピカピカで真っ白のエアフォース1を足元にキメていました。

 

f:id:hynm_mori:20170715154856j:plain

高級品に身を包みボースティングをするのが

当時のわかりやすいHIPHOPマナーであり

成功者は成功者たるやを

モロにアウトプットしていることがイケている、

そんな時代。

けれど足元にはまるでドレスコードのように

オールホワイトのエアフォース1を合わせていたように思います。

 

金なんか全然ねー

そんな僕らが親近感持つためのツールとして機能していたのが

またエアフォース1でした。

 

f:id:hynm_mori:20170715154848j:plain

当たり前のように買って、汚れたら当たり前のようにまた買う。

そんな日々を過ごし、そしてある日何かの雑誌で目にしたのが

KING OF DIGGIN'ことMUROさんが

90年代中ごろから終わりにかけて

エアフォース1を日本で流行らせた人、って話。

まじかい、と思ったもんです。

そしてMUROさんのその時の文章なんですが

「当時自分で洋服屋をやり出したから、向こうのアーティストのファッションをチェックしていたらRAKIMが履いててかっこいいと思って仕入れて売ったんだよね。」

と、こんな感じの事を言ってんです。

 

当然そのころの僕は新譜ももちろんチェックし続けていたけど

ミドルスクールが最高だ、なんて生意気に思い初めていたから

「確かにRAKIM履いてる!RAKIMがフォース1のハシリなんだ!」

と、思って非常に感動したのを覚えています。

 

RAKIMとは

NASJAY-Z、カニエもエミネム

とんでもないMCたちが口を揃えて言う影響を受けた

HIPHOPアーティスト殿堂入りのNY出身のラッパー。

 

f:id:hynm_mori:20151224130518j:plain

僕はこの「guess who's back」に完全にやられ

アルバムもオリジナル盤のアナログもプレ値で買って持ってました。

 

ソロとしては1996年にアルバムを出して

スマッシュヒット、がその後はぶっちゃけ鳴かず飛ばず、、、

 

それもあって僕はリアルタイムではないですが

f:id:hynm_mori:20170717194258j:plain

ERIC B & RAKIMという80年代~90年初頭のグループ時代の方がイメージある人も多いです。

ね!もうRAKIMこの時(1992年)にエアフォース1のハイカットをストラップ後ろに垂らして履いてるでしょ!

超かっこいい、、、

おしゃれだなー、、、

 

 

要はですね、

HIPHOPが生まれてオールドスクールという時代になり

そしてミドルスクールと呼ばれる90年代の現在のHIPHOPの礎を築き

そしてちゃんとした音楽のジャンルとして定着させたのがこの年代のアーティストたちなんです。

 

ファッションもそう

f:id:hynm_mori:20170717194903j:plain

RUN DMCが筆頭のオールドスクールファッションに身を包むラキム(画像右)

これが80年代。

そこから

 

f:id:hynm_mori:20170717195100j:plain

こっちが主流になる90年代前半から中ごろ

思えば音源もリリックもファッションも

HIPHOPを1upさせた功労者なのがRAKIMかもしれません。

 

とにかく色物感が強く、あくまでダンスミュージックの一分野であったHIPHOP

音に合わせて盛り上がることを言いながらあおるだけだった

HIPHOPの歌詞を、ちゃんと現代の様に

CDを聴きながら何を言っているか、何を伝えているのかを聴く

音楽にしたのは紛れもなくRAKIMというMCです。

それぐらいライミングも今のお手本みたいなことをやりだしたような人だし

内容も深い。

 

そんなスーパーなラッパーであるRAKIMがエアフォース1を履いたから

こんな極東でもDIGられ、同じく定番として今も毎年作られているわけですね。(主観)

もしかしたらRAKIMがいなかったらエアフォース1も

ここまでの定番ではなかったかもしれないですね。(更に主観、というか洗脳)

 

これが

ローテクとハイテクの中間である

エアフォース1が定番になった所以の

大きなひとつである、そう僕は思っています。

 

久々にエアフォース1を買って履いてみてください。

セールで安いですしね、

ピカピカに綺麗に、

それがエアフォース1の永遠のマナーです、

ルールじゃないけどね。

 

 

それでは皆様明日もFANへのご来店を心よりお待ちしております。

 

あとは森ちゃんしくよろ。

 

 

FAN 坂本

 

 

 

 

お問い合わせは

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア#102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

まで

 

 

FAN LOG JACK ーSUMMER SALEー

こんにちは、FANディレクターの森です。

f:id:hynm_mori:20170714005430j:image

 

さて、明日7/14からFANではSUMMER SALEを開催致します。

f:id:hynm_mori:20170714005622j:image

私は普段、凄く買い物をします。そしてセールで買い物するのが大好きです。

 

まわりのお店、海外のショップ、行くとやセールって魔力に負けて色々と買ってしまう。楽しい。

 

もちろん人気なアイテムはセールに残ってる可能性は低い。そういうどうしても欲しいアイテムはプロパーで買う。

セールに残ってたっていい。だってセールまでの期間を1日でも長く人よりも先に着用できるわけですから。

 

セールまで残るか否か…そんな自分のお財布との駆け引きを楽しむのもまた一興。

 

 

私は本当にセールが好きだ。

 

 

だからこそ皆さんにもFANのセールを楽しんで頂きたいです。

f:id:hynm_mori:20170714005622j:image

 

20%〜40%Off。

 

あんなアイテムからこんなアイテムまで。

f:id:hynm_mori:20170714014722j:image

 

 

もし気になっているアイテムがある方は是非遊びに来て下さい。

 

f:id:hynm_mori:20170714014106j:image

 

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしてます。

 

 

 FAN
東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア 102
03-6447-4566
12:00~20:00
FAN (@fan_harajuku) • Instagram photos and videos
 

 

FAN LOG JACK 〜T-PATTERN CAMO〜

毎度、FAN坂本のJACKです。

 

ご好評頂いているTパターンのカモ

まさかの大量入荷だったんですが

 

残り3本になりました、、、

さすがに今人気のアイテムですね、、、

 

f:id:hynm_mori:20170710121314j:plain

今回気づいたのですが、Tパターンも様々なカラーリングがあることがわかりました。

 

画像左がネイビー、右が通常のブラックです。

比べるとかなり差がありますよね、理由は不明です。

 

調べておきます。

はたまた大したことない理由だったりするのですが

タイガーカモのように色々細分化したくなるのが

男ですよね。

 

f:id:hynm_mori:20170710121646j:plain

冒頭でお伝えしたように

XS−Regular3本になりました。

 

状態はデッドストックなので申し分なし

 

f:id:hynm_mori:20170710121738j:plain

98年会計分

ネイティックソルジャーもの、試験的運用品です。

だから、色が様々なのかもしれませんね、、、

まーちょっとマニアックな話になってきますので

興味ある人は店頭で、、、

そして

わかる人にはわかるんですがあのGOODWILL社製ですね

大手企業は必ず軍事産業に手を出しますね。

 

まあ、とにかくにも探していた方はお早めに。

 

f:id:hynm_mori:20170710122340j:plain

僕は普段31インチくらいでパンツは合わせているんですが

XSと言っても個体差あるので穿けちゃいます。

 

 

f:id:hynm_mori:20170710121623j:plain

1998's BDU T-PATTERN PANTS

size XS-Reg

¥49800 with out TAX

 

ぜひ。

 

 

それでは森ちゃんあとはしくよろ。。。

 

 

 

 

お問い合わせは

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア#102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

FAN LOG JACK ~LEVI'S 606 BIG E BLACK TAB DEAD STOCK~

はい、毎度、FAN坂本です。

 

LOG JACK

 

最近「NOS」って言葉を古着屋さんが使うようになりましたね。

 

要は今までデッドストックと呼ばれていた、

 

新品の状態で誰にも使用されずに残っていたアイテムのことを指す言葉ですが、

 

僕は圧倒的にデッドストックという言葉が好き。

 

綴りは、「DEAD STOCK」、正に売れずに残ってしまった

 

死んだ在庫というネガティブな意味なんですが、

 

だからいいんじゃん、ネガティブな要素がある言葉だからいいんじゃん。

 

そう思います。

 

僕もアパレル人生の半分以上を捧げた「古着」というカテゴリーにおいて

 

圧倒的に古着屋さんをかっこいいと思うポイントはまさに

 

その言葉の中に詰まっているんです。

 

まったく価値のないものを掘り出す、それもとんでもない

 

バイタリティーによって

 

泥にまみれても平然と顔を拭き、たとえ倒れても起き上がる、

 

時には死んだふりだってする。

 

みなさんが普段古着屋で手にしているアイテムは

 

アメリカに行けば誰でもすぐ買えるものではないんです。

 

そういうものを仕入れてきているんです。

 

本当にカッコイイ人たちだと思います。

 

そして、今僕はセレクトショップというところでこうやって

 

働いているわけですが、古着屋こそ本当の意味での

 

セレクトショップなんだと思います。

 

自分の良いと思うものを仕入れて、接客をする、

 

当たり前にそのアイテムに熱を持ち、

 

自分の売っているものがなんなのかちゃんとわかっているし、

 

それに、どうやってそれが見つかったのか、掘り出されたのか、

 

そんなエピソードすら

 

洋服の一枚一枚にあるんです。

 

死んだ在庫が失った光を、また現代に取り戻し輝かせる、そんな職人たちなんですよ。

 

だからDEAD STOCKという言葉が好きです。

 

あえて皮肉のようにデッドストックをこれから口にしていきたいです。

 

さて、

 

それでは今日はそんな

 

「死んだ在庫」の話をしましょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170707135932j:plain

1960's

LEVI'S 606 BIG E BLACK TAB

size ウエスト31~32inch レングス31inch(全て実寸)

¥298000 with out TAX

 

 

先述のとおり、僕も結構古着やさんでしたが

 

こいつのデッドは初見です。

 

だってただの606とは違うんですから、

f:id:hynm_mori:20170707145531j:plain

通称黒タブ

 

 

f:id:hynm_mori:20170707140011j:plain

タグ付き

 

しかも、なぜ1960年と断定しているかと言うと

 

f:id:hynm_mori:20170707140307j:plain

501XXと同じディテールであるVステッチでボタン裏が8

 

おそらく新しく見積もっても501 BIG Eのウエストシングルなんかと

 

同じころのジーンズということがわかります。

 

f:id:hynm_mori:20170707140409j:plain

そして極めつけは先の細いグリッパージッパーを使用しています。

 

これは551なジーンズにも見られるディテールです。

 

606というシルエット自体1966年頃の誕生だと思うので

 

正にこの606は初期ということになるでしょう。

 

f:id:hynm_mori:20170707140140j:plain

おまけとして、結構今まで見た606の黒タブは統計的に

 

アーキュエイトステッチが入ってないものが多いです。

 

よく目にする606はオレンジタブ、それにはアーキュエイトは標準装備なのですが

 

こと黒タブに関しては珍しいです。

 

幻の白タブ606もアーキュエイトがあるんですけどね、

 

謎が多いです。

 

f:id:hynm_mori:20170707140227j:plain

内またはシングル

 

f:id:hynm_mori:20170707140159j:plain

 

f:id:hynm_mori:20170707140209j:plain

嘘じゃなく、

 

もしかしたらこんなに良いサイズで黒タブの606 BIG Eのデッドストックは

 

二度と目にしないかもしれません。

 

それくらいの一品です。

 

お探しだった方は是非、

 

 

 

お問い合わせは

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1

神宮前スクエア #102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

まで

 

 

 

それではあとは

 

森ちゃんしくよろ。

 

FAN 坂本

FAN LOG JACK -たまには余談を

私はFAN DIRECTORの森です。

f:id:hynm_mori:20170705230453j:image

 

この前フイナムでおこなって頂いた

f:id:hynm_mori:20170705235946j:image

原宿DNA。 | feature | HOUYHNHNM(フイナム)

こちらのロングインタビュー。

 

その中でも触れさせて頂いたのですが

私はそれヤバイね、と言われることに命をかけています。

 

 

そんな私の私物を少し紹介したいなと思います。

ミッキーロレックス

f:id:hynm_mori:20170705231059j:image

1964年のROLEX OYSTER DATEのリダンモデル。

たまたま見つけたものに1972年のROLEX製の18K巻きブレスを自分でカスタムしました。巻き込みブレスの駒調整、凄く大変ですね…

f:id:hynm_mori:20170705231356j:image

アンティークの時計にアンティークの巻き込みブレスをカスタム。両方とも出会いでした。見つけた時は『これだ!』ってなりました。

 

シルバーのケースに18Kのブレスが合うのかは疑問でしたが、合わせてみたら私的にはかなりしっくりきてます。

 

まじで昔は金なかったのでロレックスなんて憧れで、洋服も着の身着のまま。

スタッフの伊藤とかとは毎晩よく遊んでました。

今から10年くらい昔の写真ですかね。

f:id:hynm_mori:20170705234122j:image

 

 

 

当時の私は今と変わらず頭だけは足りなくて。。

金ないのにたまたま入った中野の時計屋で18KのコンビのGMTマスターを購入。3年ローン(笑)

f:id:hynm_mori:20170705234218j:image

 

いまは手放してもう手元にはないのですがあの時、一度ロレックスを着けたことがあったから尚更いまの自分には普通のロレックスは似合わないってのがわかるんだと思います。

 

だから、より一層のこと人とは違う時計を探してました。

 

こうした一期一会を楽しみながら買い物をするのってアンティークやビンテージ古着の醍醐味なのではないかな、と私は思ったりします。

 

人とは違うもの。

ヤバイね、って言ってもらえるもの。

 

出会うんですよ、願っていれば。

 

 

凄いゲスなことを言うと、男性の多くはすぐに女性のオッパイを見てしまう。

 

思わず目がいってしまう。それは仕方がないこと。

 

でも、たとえばその思わず目がいってしまうポイントをファッションで自分から生み出せる人のことをオシャレだな、なんて感じます。

 

人とは違う着こなし

人とは違う服の選び方

人とは違う洋服

 

 

気になって見てしまう。

何度も何度も。

 

売ってないけど、あったらいいな。

得体の知れない何かを生み出す。

カスタムはこれだから楽しいんですよね。

 

そして私たちはヤバイね、って言ってもらえる変なものを頑張って集めたいなと思います。

f:id:hynm_mori:20170705232219j:image

 

 

 

 

そんなわけで、また色々とFANにもスペシャルが入荷してます。

ちょっとだけ紹介。

 

 

1994 BDU T PATTERN

DEAD STOCK

2color

f:id:hynm_mori:20170705232843j:image

f:id:hynm_mori:20170705232926j:image

f:id:hynm_mori:20170705232938j:image

 

Lewis Leather 70s SUPER PHANTOM

SIZE42

f:id:hynm_mori:20170705232819j:image

f:id:hynm_mori:20170705233021j:image

f:id:hynm_mori:20170705233035j:image

f:id:hynm_mori:20170705233050j:image

 

まだまだ色々スペシャルも入ってるんで、時間が許す方は一度お店に遊びに来てください。

ファッショントークしましょう!

 

退屈をさせないトーク力を持つアクの強いスタッフを揃えてお待ちしてます。

 

あと先日フイナムでご紹介頂いた

ファッション玄人が集まるショップFANに、また一つクセのあるブランドが。 | news | HOUYHNHNM(フイナム)

HOOK UPSも2日で洋服は全て完売でした。

f:id:hynm_mori:20170706000016j:image

今はスケボーのデッキ2種類と小物を少しだけ店頭に残すだけとなりました。

ありがとうございました!

 

ではまた。

ディレクター森でした。

 

FAN

東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア 102

03-6447-4566

12:00~20:00

FAN (@fan_harajuku) • Instagram photos and videos

 

FAN LOG JACK ~HOOK-UPS~

さて、FAN LOG JACK

 

本日は明日7/1(土曜日)発売の

 

「HOOK-UPS」というブランドについて、

 

というか、ブランド、って言葉も僕はあまり使いたくないですね(笑)

 

僕らスケートをかじっているやつらに言わせれば、

 

HOOK-UPSは{カンパニー}というのが自然。

 

デッキ(いわゆるスケートボード本体)やウィール(車で言うタイヤ)などを

 

製造・販売をしている会社はスケートカンパニーというカテゴリーに入るんです、僕らにとって。

 

それはマイノリティーたちのイズム的なところなのだが

 

今日この場はしっかりとカンパニーというカテゴリーで説明をしていこうと思います。

 

さて、

 

HOOK-UPSというカンパニーのボスは

 

f:id:hynm_mori:20170630191851j:plain

Jeremy Klein(ジェルミ・クライン)”という

 

プロスケーターです。

 

この絵ヤバいでしょ?こんな人です。

 

この人との出会いは

 

90年代前半に一世を風靡することになるスケートカンパニー

 

「World Industries(ワールドインダストリーズ)」の80年代後半の

 

(ちなみにこのワールドインダストリーズというカンパニーがなければゴンズやジェイソン・ディル、それにガールというカンパニーも生まれてないので現代のこのスケートブームが無くなっていたと言っても過言ではない。けどこれはまた違う話だからここではさわりだけ、、、)

 

Rubbish Heapというタイトルのスケートビデオだったんですが、

 

正直一応観た、というような記憶でジェルミに注目もせず忘れていました。

 

けど、唯一記憶の片隅に残っていたのは

 

ファミコンの音楽のような3和音くらいのデジタルなBGMで

 

滑っているスケーターが映っていたこと。

 

それが僕の記憶の点であり、

 

今回FANでリサーチをしていた時に出会ったこのHOOK-UPSのボスが

 

「あの時のあいつか!!」と線になりました。

 

現代では日本のカルチャーとして「オタク」というものが市民権を得て

 

世界に発信され、しっかりとアートの分野でも認められていますよね、

 

ファッションでもそう

 

外国人が欲しがるVINTAGEのAKIRA Tしかり、

 

f:id:hynm_mori:20170630193035j:plain

記憶に新しい2年前のSUP X 前田俊夫など、

 

今やエッジ-なグラフィックとしてジャパニーズ・アニメーションは

世界のファッショ二スタ達にとって

 

共通言語となっています。

 

ただ、90年代に既にこんなことをしていたのがジェルミなんです。

 

f:id:hynm_mori:20170630193500j:plain

 

アンオフィシャルなマリオがシグネチャ

 

権利なんかお構いなしなアメリカらしいアイテム。

 

早くやったから偉いなんてこたない。

 

時代が追いついてこなかった為に認められなかったアーティストは腐るほどいるし

 

それはそれだから、別にいい訳にしか聞こえなかったりもするわけです。

 

だからワールドインダストリー、そしてバードハウスと渡り歩いて

 

こんなようなデザインのデッキを独立後に復刻して売り、

 

キャリア的には99年前後を境に、あまり表舞台で名前を聞かないスケーターとなったジェルミ・クライン、

 

だからFANが今セレクトしたいんです。

 

理由はいくらでもある、

 

「デザインやべーよ、文脈?それもあるよ、

 

てか、ジャパニーズ・カルチャーを世界へ、

 

そして「温故知新」というのも俺らのテーマなんだよ、」

 

です。

 

だから今度はここ日本において僕らがジェレミのカンパニーを

 

もう一度、フックアップしたいんです。

 

ね?名前もかかってくる(笑)

 

そんなジェルミ・クラインが送り出す

 

「HOOK-UPS

どうぞご覧ください。

 

 

 

f:id:hynm_mori:20170626132408j:plain

f:id:hynm_mori:20170626133058j:plain

 

 

f:id:hynm_mori:20170626133617j:plain

 

f:id:hynm_mori:20170626134035j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115056j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115230j:plain

f:id:hynm_mori:20170626115339j:plain

 

 

 

 

 

「HOOK-UPS

明日、7/1(土)午後12時より

FANにて販売開始

 

 

 

是非。

 

 

 

 

 

それではFAN坂本でした。

 

あとは森ちゃんしくよろ。

 

ちなみにジェルミ本人に少し興味が沸いた人は

 

JEREMY KLEIN & NEARLY 20 YEARS OF HOOK-UPS SKATEBOARDS - Jenkem Magazine

このインタビューもおもろいです。ぜひ。

 

 

 

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア#102

03-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

 

 

 

 

FAN LOG JACK 〜Vintage祭り

坂本にブログをジャックされること数回。

久々登場の森本人です。

 

先日、フイナムさまにて特集を組んでいただきました。

f:id:hynm_mori:20170621212014j:image

原宿DNA。 | feature | HOUYHNHNM(フイナム)

ありがとうございます!

 

嬉しいお言葉の連続でして、大変感銘を受けております。

 

インタビュー内容にもあるようにFANでは古着も扱っています。ブランドや古着一辺倒になるんではなく、上手くミックスして着て欲しいなと私たちは考えてます。

 高くても欲しくなる。

 

それが洋服のロマンです。

 

そんなロマンを諸先輩や後ろから追いかけてくる後輩たちと共有して笑いあえるようなスペシャルアイテムを仕入れてまいりました。

 

新入荷のVintageは明日22日より店頭に並べていきます。

 

1960's LEVI'S 606 E BLK TAB DEAD

31×30

¥298,000- out tax

f:id:hynm_mori:20170621202730j:image

f:id:hynm_mori:20170621202742j:image

f:id:hynm_mori:20170621202753j:image

 

1960's LEVI'S 505 BIG E DEAD

31×30

¥250,000- out tax

f:id:hynm_mori:20170621203039j:image

f:id:hynm_mori:20170621203133j:image

f:id:hynm_mori:20170621203143j:image

 

1970's LEVI'S 505 e DEAD

36×34

¥180,000- out tax

f:id:hynm_mori:20170621210847j:image

f:id:hynm_mori:20170621211038j:image

 

1970's LEVI'S 505 E DEAD RED LINE

38×30

¥200,000- out tax

f:id:hynm_mori:20170621211049j:image

f:id:hynm_mori:20170621211100j:image

f:id:hynm_mori:20170621211111j:image

 

1970's LEVI'S 70505 E 

size50

¥19,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621202851j:image

f:id:hynm_mori:20170621202917j:image

f:id:hynm_mori:20170621202933j:image

1940's arrow's cotton hawaiian sht

¥35,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621203327j:image

f:id:hynm_mori:20170621203426j:image

f:id:hynm_mori:20170621203438j:image

 

 1950's LEVI'S SHORT HORN DENIM SHT

¥59,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621203535j:image

f:id:hynm_mori:20170621203551j:image

f:id:hynm_mori:20170621203608j:image

 

 1970's Lee WESTERNER 100-J

44 LONG

¥19,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621203721j:image

f:id:hynm_mori:20170621203733j:image

f:id:hynm_mori:20170621203856j:image

 

1970's Lee WESTERNER 106-J

¥89,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621204644j:image

f:id:hynm_mori:20170621204658j:image

 

1940's USNAVY N-1 DECK JKT 1st

¥59,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621204824j:image

f:id:hynm_mori:20170621204840j:image

 

1940's L.L.BEAN WOOL JKT

 ¥79,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621205000j:image

f:id:hynm_mori:20170621205013j:image

 

 1950's CHIMAYO JKT

¥59,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621205033j:image

f:id:hynm_mori:20170621205055j:image

 

 1950's Penney's PRINT NEL SHT

¥19,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621211350j:image

f:id:hynm_mori:20170621211402j:image

 

1950's WINTER KING NEL SHT

¥19,800- out tax

f:id:hynm_mori:20170621211415j:image

f:id:hynm_mori:20170621211442j:image

f:id:hynm_mori:20170621211453j:image

 

 

まだまだ新入荷はございますが一先ずこの辺で。

Vintage好きな皆さんも是非一度FANへ遊びに来てください。

 

 

ディレクターの森でした。

 

 

FAN

東京都渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア 102

03-6447-4566

12:00~20:00